ブログ一覧

2016年8月5日

暑いです

暑いです  熱中症に気をつけながら

水分補給をとりながら 現場で進めないと

今日は本当に暑いです 汗がしたたり落ちます

現場の外回りの端のほう 雨が降るたび

どんどん雑草が伸びてきます もうすぐ盆なので

今日は 草刈り やりました

一時間くらいでしたが 外で草刈りをすると

現場でずっと外で作業する人の大変さが

よくわかります。 頭がぼーとしてきます

これからもう少し暑い日が続きますが

職人さん達には声を掛け合い 熱中症にならないように

進めていきたいと思います。

1470030664200

草刈り前

1470031657358

草刈り後




著:前田 純(株)和秋建設


2016年8月4日

自然なくらし 勉強会

木の家をつくる会  8/21(日) 10:00~12:00

今月の勉強会の担当を致します 島村です。

「自然なくらし」と題して2回目は塗料についてです。

塗料と言っても建築材料だけで沢山ありますが、今回は自然塗料に着目し、

簡単に様々な塗料の説明と合わせ、実際に塗って体験いただこうと思います。

以外に簡単に塗れると思いますので、お気軽にご参加ください。

自然塗料は会の中でも私個人としても、よく使用しています。

自然の物を主原料とし、人にも素材にもやさしいもの(無理がないもの)です。

木材は経年変化を楽しめる材料だと思っています。時間が経つと風合いが生まれてきます。

風合いは自然なものでしか表現できないことかもしれません。

お住まいでも経年変化を楽しむ発想は、長く楽しく暮らすためのヒントではないかと思います。

是非、体験型勉強会にご参加ください。お待ちしております。

木_20160804




著:SIMS建築設計


2016年7月28日

通気止め

間仕切り壁と天井の取り合い部の所ですが

どうしても 天井ライン(野縁を組んでいるライン)

と壁の間に写真のような隙間が発生します。

IMG_2620

そのままかべを施工すると天井の 夏には熱気

冬には冷気が入ってきて断熱の性能が正しく発揮できません

断熱材を流用して使う場合もありますが

メーカーによっては専用の部材も出ています

この現場で使っているのは マグというメーカーの

「マグ気流止め」という材料使って 隙間ないように

通気止めをしています

隙間があればそこがまた熱橋になり結露等の問題を起こしたりします

断熱等級4の家ですが どんな高性能な断熱材を使っても

正しく理解され施工をしないと性能は正しく出ないように思っています。

IMG_2645




著:前田 純(株)和秋建設


2016年7月26日

来客

17・18日の両日、イオンモールりんくう泉南で「小ささ紀州材フェア」を

開催させて頂いたのですが、その時ご来場されてお話させて頂いた

ご夫婦方が、23日(土)の午後に娘さんと共に、和杢庵に来て下さいました。

パネルやアルバムを見たりしながら、約一時間半お話をさせて頂きました。

31日の「木の家茶話会」のダイレクトメールを、先週に発送させて頂いた

のですが、色々とイベントを開催しているせいか、何時もより20件ほど

発送件数が多くなりました。

IMG_2230

 

 

 

 

 

 

もちろん23日に和杢庵にお越しの方も、ご予約頂きました。

今回は、地震の話です。

是非ご参加お待ちしています。




著:藤井 順三(株)藤井松商店


2016年7月25日

自然塗料 プラネット

木の家をつくる会の現場ではありませんが

今回堺の現場で使うことになった  自然塗装の材料

プラネットジャパンのウッドコートの材料が届きました

2種類の材料を調合して現場で使用する予定です

また 壁のほうも ここのメーカーのマーブルフィールという

左官仕上げの材料を使う予定です。 (ドイツの本漆喰の材料に

なります) また下地には専用のコバウという紙下地材を張る必要が

あるので それもクロス工事に合わせて材料の手配をしています。

(下地材の材料 調湿機能にも優れていて ㎡あたり最大100ml

水分を吸収する)と書いてあります

どちらも初めて使いますが 直接メーカーから材料を仕入れることが

できたので 今回使ってみてよかったら使っていこうと思っています

なかなか使ったことの無い材料 使うのは勇気がいるものですが

今回設計のほうの推奨もあり 使うことになりました

仕上がりや施主様の感想も聞いて また報告したいと思っています。

1469430481467

1469431640082




著:前田 純(株)和秋建設


和田の家:概算予算

昨日、計画中の和田の家の概算予算が出ましたので

施主様を交えて三者で打ち合わせをしました。

会では、実施設計を行なう前に計画がまとまった時点で

いつも概算予算を出しています。

 
ここまでは、施主様の夢や想いを中心に計画を進めてきましたが

今の段階での価格を知る事により施主様の意向の確認と共に

今後の進め方の方向性を決める大切な通過点です。




著:大谷建築設計事務所 大谷


30 / 84« 先頭...20...293031...406080...最後 »