ブログ一覧

2015年9月30日

地盤改良

砕石による地盤改良

HySPEED工法の工事見学いってきました

従来のセメントミルクを使用した柱状改良ではなく

砕石を杭状に転圧して改良する工法です

image1

環境にやさしく、液状化にも強い、劣化がない

などのメリットがあるそうです

支持杭ではなく摩擦杭として計算できるそうですから

支持層が深すぎる場所にもいいかもしれません

地盤調査の結果次第では検討の余地ありかなと

昨今、地盤改良は様々な工法ができています

要はその土地に適したものを選択することが大事です

 




著:佐原 久登S・A設計室


2015年9月28日

“頭の良い子が育つ家づくり”→知恵  Part. 2

 子育て世代の皆様にちょっと興味有るお話を
  見つけましたので何回かに分けてご紹介します。
  
 “頭の良い子が育つ家づくり”→知恵  Part. 2
  福岡大学 建築学科 教授 須貝 光(工学博士)

☆創造的な空間・斜め天井!
 ・自然の中に直角なものはない。
  人間の育った環境は、全て斜めの環境(富士山の山の形)。
  直角には登れない。
 ・そのような環境で育てば、本来持っていた創造的な能力が延びる。

☆勉強する部屋と寝る部屋は別々に!
 ・一人が宿題をしていれば、同じ部屋で他の兄弟も同じ事をしたくなる。
 ・寝室にはベッドのみ必要だ。
 
☆対話のできるアイランドキッチン!
 ・子供が親の顔を見ながら、安心して遊び、宿題、趣味をする。
  
 

  自分の子育ての中で思い当たるところが有ります。

 




著:大谷建築設計事務所 大谷


2015年9月26日

有功の家 加工場に行きました

有功の家 順調よく進んでいます 現場では基礎工事完了して

給排水工事の先行配管も終わっています。

本日 ポーチのコンクリートの準備に入っていきます。

来週 床工事 先行足場  10月4日上棟に向けて進んでいます

また 施主様と大工さんが墨付けして 手加工している加工場に

案内しました。 紀州材の天然乾燥材を使って 桧と杉の材種の違い

使う場所の説明  手加工の説明 等々させていただきました。

1442730680720

 

 

 

 

 

 

IMG_0654

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0636

 

 

 

 

 

いつも 丁寧な仕事してくれる 乾棟梁 有難うございます

感謝です。

 

 




著:前田 純(株)和秋建設


2015年9月24日

根来の家1,2 写真撮影

シルバーウイーク期間中 9月20日に根来の家1,2の写真撮影に

行ってきました。長岡さんにばっちり撮影してもらいました。

撮影に協力していただいた 施主様有難うございました。

今後データーが届いたら 新築の所にアップします。

先行して写真アップします

根来の家1_MG_9557
_MG_9637

 

 

 

 

_MG_9695
根来の家2

 




著:前田 純(株)和秋建設


2015年9月21日

変動金利vs固定金利 3

前回のブログの続きでですが 住宅ローンの歴史の話をしようと思います

私自身も 自宅の 住宅ローンを組みました

今から14年前の話になろうとしています。 そのころ何の勉強もしていなかった

ので、当たり前のように 住宅金融公庫からお金を借りて住宅ローンを組みました

3年くらい経過してから変動金利に借り換えをして現在に至っています

20年スパンで考えると 1996年から現在まで(2015年)の間

変動金利の変動は0.5%しか動いていません

(1990年ころの変動金利は7%くらいの金利でした)

固定金利(フラット35)との金利の開きは

ここ15年くらいの間でだんだん縮んできています

2%くらいあった開きが現在どちらもMAXの条件下の場合

1%くらいまで来ています、今までのことを考えると私の場合は

変動に変えたおかげがあったように思いますが

これからのローンを組む人は非常に悩ましい問題だと思います

35年で組んでも 繰り越し返済をして 20年から25年くらいで

返そうと思っているのであれば 変動で当初から元金が減っていくほうが

いいのかなとも思いますが。

安心して 35年間かけて 変わらず毎月返していきたいと思うので

あればフラット35Sはいい商品だと思います。

ですが35年間 金利が上がったり下がったりして トータルで

現在の変動金利くらいで落ち着いたならば かなりの金額の利息を

支払うことも事実になります、

変動金利は 5年間支払い額が変わらないで 中身(元金 ,金利)の割合が

変動していきます 5年後 急激な金利の上昇があった場合でも月々の支払は

1.25倍までしか上げられない(1.25倍ルール)で借りて側を守っています。

変動のリスク またリスク回避の考え方を勉強すればいろんな方法もあります

固定から変動には変更はきかない しかし変動から固定への変更はききます

(同じ金融機関の場合)

固定金利フラット35から 銀行の変動への変更はできませんが 借り換えするので

あればできます。 住宅ローンの借りる側の 勤め先 年収 頭金がどれくらいあるの

かによっても条件が違います。

100人住宅ローンを組む人がいれば 100人とも条件や考え方が違うと思います。

5年前 10年前 20年前 金利の歴史も頭に入れて勉強して結論を導き出すのも

一つの考え方だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




著:前田 純(株)和秋建設


2015年9月19日

歩いて現場へ

自転車で通勤して数日がたちますが 雨の日なんかは

有本から歩いて 紀和駅に行ってそこから市駅まで電車に乗って

会社へ行くこともあります。

明日からシルバーウイークになります 午前中貴志川の

リフォームの打ち合わせに行ってきました

10月中ごろ着工で進めましょうとのことで決まりました

また昼から中之島のほうで便所のウオシュレットの交換

風呂の蛇口の交換 外部防水の点検の予定が入っていたので

14426367905771442636837376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもなら車で行くのですが 今日は歩いて会社から現場のほうに行き

帰りは 紀和駅から電車に乗って帰ってきました。

1442650501020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑くもなく たまにはいいものだな 思いました。

万歩計は今日 13916歩までカウントされてました




著:前田 純(株)和秋建設


60 / 84« 先頭...2040...596061...80...最後 »