ブログ一覧

2016年1月28日

自然素材と手仕事でつくる木の家

  日本では昔から建築の自然素材と言えば木・土・石ですが

土壁は、ボードや断熱材に変わり、石はコンクリートに変わってきて

残念ながら一般住宅ではあまりお目にかからなくなってきています。

木材は合板や積層材に加工して構造材や造作の下地材に多用され

ていますが

無垢材の持つ自然の色艶・香り・肌触り・調湿作用や

使い込めば良い味が出てくる等の多くの長所にはかないません。

無垢材を表しに使うと住まい手に環境の良い空間を提供してくれま

す。

ただ木は、伐採しても生きていて一本一本くせが有り

それを見極めて適材適所に使う大工さんの経験と技が必要です。

全国的に見ても優秀な紀州熊野材と腕の良い大工さんのコラボレー

ションで“住んで良し心豊かな木の住まい”となります。
P1020206

 

 

 

 

 

 

 

P1020217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




著:大谷建築設計事務所 大谷


木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
構造・完成見学会は,建築主のご了解のもと、建て方中や完成後の住宅の見学会を随時行っております。

木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
現在進行中の家

1 新家の家   泉南市   設計中
2 堺の家    堺市    設計中
3 粉河の家   紀の川市  設計中

・その他    2件打合せ中

 

工事中の建物の構造見学会は随時開催しております。
ご希望の方は、ご連絡頂ければご案内させて頂きます。