ブログ一覧

2017年4月11日

材料の雨養生 厚手のシート ♯3000

上棟向けて 和歌山市和田の現場進んでいます。

今日は 雨で現場は一休みです、

土台、や大引きも設置完了しています。

天気になり次第 床合板の設置になりますが。

どうしても 棟上げまでに雨が降る場合が起こってきます。

床合板完了後 全面をイージーコートという材料でラッピングして

雨に濡れないように進めていくようにしています。

また 木材関係の材料を濡らさないように シートをかけて養生しますが

そのシートも 色んな種類があります。

厚みによって値段も 性能も違います。シートをかけて中の材料を

濡らさないようにと思うと最低♯3000くらいのシートをかけないと

雨から木材の材料を守れません。♯3000の意味はブルーシートの最も基準的な

サイズ3.6mx5.4m(2間x3間)の大きさのシートの製品の重さが3kg(3000g)

ということで数値化されています。

薄手のシートであれば♯1000であれば 1/3の重さしかしかないため

耐久性や防水性がやはり落ちます。

現場では♯3000のシートを使って (値段が高いですが)

現場の材料を守るために養生しています。




著:前田 純(株)和秋建設


木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
構造・完成見学会は,建築主のご了解のもと、建て方中や完成後の住宅の見学会を随時行っております。

木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
現在進行中の家

1 新家の家   泉南市   設計中
2 堺の家    堺市    設計中
3 粉河の家   紀の川市  設計中

・その他    2件打合せ中

 

工事中の建物の構造見学会は随時開催しております。
ご希望の方は、ご連絡頂ければご案内させて頂きます。