ブログ一覧

2016年3月24日

木の家をつくる

「木の家をつくる会」で私が設計するときいつも心がけていることがあります。

それはどれぐらいのバランスで木を見せるかということです。

会で扱う紀州材は色つやもよく、木目のきれいな材で、すべての部材を表に出して見えるよう

にしたいのですが、そこをぐっとこらえて効果的に見せるようにしています。

それは木を前面に出しすぎると、木に意識がいき過ぎるような気がするのと、ちょっときつい

(表現が悪いですが)感じがするからです。

日々の生活は、何かを意識しすぎることなく、ゆったりと生活してほしいと思っています。

それ以外に、ソファー等の置き家具もいろんなデザインのものが合わせやすくなります。

見せる木もできるだけ力強さが表れるように、意識的に表す部材を選別しています。

力強さが感じられると、安心感があり、よりゆったりとできると思うからです。

以上は私の考えですが、会には6人の設計者がいます。

当然、それぞれ違う考えを持っていますので、気の合う設計者を見つけて一緒に木の家を

つくってみませんか。

直川の家




著:山野 公嗣 スペースデザイン


木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
構造・完成見学会は,建築主のご了解のもと、建て方中や完成後の住宅の見学会を随時行っております。

木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
現在進行中の家

1 新家の家   泉南市   設計中
2 堺の家    堺市    設計中
3 粉河の家   紀の川市  設計中

・その他    2件打合せ中

 

工事中の建物の構造見学会は随時開催しております。
ご希望の方は、ご連絡頂ければご案内させて頂きます。