ブログ一覧

2016年3月31日

木の家の設計のポイント

木の家をつくる会で使用している構造材は、紀州熊野材です。

・色合いが良くつやがでる。

・年輪が正円に近い為すなおな木で狂いが少ない。

・年輪が密の為ねばり強く耐久性に優れている。

 の特性があり構造材では、全国的に見てもナンバーワンです。

 この柱、梁の木組は、リズミカルであり力強さも感じます。

  又、葉枯し自然乾燥をしているので木の温かさ・堅さ・

 なめらかさ・調湿性・見た目のやさしさ・香り等の特質を活かすべく

 ほど良く木を表しにして空間造りをしています。

 木に囲まれた室内は、心にゆとりと安らぎを与えてくれます。

_MG_9184




著:大谷建築設計事務所 大谷


木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
構造・完成見学会は,建築主のご了解のもと、建て方中や完成後の住宅の見学会を随時行っております。

木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
現在進行中の家

1 新家の家   泉南市   設計中
2 堺の家    堺市    設計中
3 粉河の家   紀の川市  設計中

・その他    2件打合せ中

 

工事中の建物の構造見学会は随時開催しております。
ご希望の方は、ご連絡頂ければご案内させて頂きます。