ブログ一覧

2016年2月10日

昔からの紀州熊野材

和歌山の杉材は、江戸時代の昔から熊野材と言われ、

新宮から船で、生産された木材の87%が江戸に送られ、

当時は、天下一の良材と認められていました。

最初に熊野材の値段が決まり、それが基準となり他の

藩の木材の値段が決められていたほどです。

こんな良材が有るのに、地元和歌山ではあまり知れていません。

現在の家は、輸入材もしくは輸入材を集成加工された、

集成材で建てられているのが多いです。

国産材を使うとしても、少し値段の安い九州や四国の木を

使っている場合が多い様です。

九州や四国と違い、和歌山は急勾配の山が多く重機が

入らないので、伐採するのも搬出するのも人力で行うので

大変ですし、コストも掛かります。

急勾配なので水はけが良く、木の生長が遅くなります。

九州で約50年育った木と同じ太さになるのに、和歌山では

約80年かかります。

成長が遅い分、年輪が詰まった強い材になり、家の構造材に

使うのに最適と、昔から貴重な材と認められて来ました。

紀州熊野材の良さを、もっと知ってもらえる様に色々発信

して行ければと思います。




著:藤井 順三(株)藤井松商店


木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
構造・完成見学会は,建築主のご了解のもと、建て方中や完成後の住宅の見学会を随時行っております。

木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
現在進行中の家

1 新家の家   泉南市   設計中
2 堺の家    堺市    設計中
3 粉河の家   紀の川市  設計中

・その他    2件打合せ中

 

工事中の建物の構造見学会は随時開催しております。
ご希望の方は、ご連絡頂ければご案内させて頂きます。