木の家をつくる会 施工例

東国分のいえ    設計・監理:

歴史ある地域に建つ住宅。

設計依頼のときにクライアントからは、「外観はこの地域風土に似合ったモノにしてほしい」との要望がありました。
景観を損なうことなく、歴史ある周辺環境に馴染むように建物の外観や色彩はデザインしました。

プランでは、家事動線と子育てに重点をおき計画し、水廻りを集中させるなど、工夫しています。

内装は、古民家を意識し、自然乾燥された「紀州熊野材」の柱や梁を室内に見せて、木の力強さと優しさを感じられるようにしています。