ブログ一覧

2016年2月28日  カテゴリー:ブログ

紀州材フェア 2日目

イオンモールりんくう泉南の2階イオンホールで行われた「紀州材フェア」に参加してきました。

お話をした方のなかに、最近大手ハウスメーカーのモデルハウスを見に行かれた方がいらっしゃいました。

デザインは悪くないんだけど、何か自分が思っている住宅とは違うと感じ、このイベントに来られました。

「木の家をつくる会」で行っている木に対する考え方等いろいろ話をさせていただきました。

展示したパネルでは分からない毎日の生活のこと、自然の風の気持ちいいこと、冬の太陽の暖かいこと、

いろいろな日常のこともお話ししました。

お話をしていく中で、「機械にあまり頼らないでも自然の恩恵を受けるように設計することで快適に過ご

せるんですよ」と話をしたとき、そんな家を望んでいるんですと非常に興味を持たれました。

外観のデザイン等、目で見えるものも大切ですが、目に見えること以外で大切なことがたくさんあります。

そんなことをもっとみなさんにお伝えしていかなければと思った一日でした。

image1




著:山野 公嗣 スペースデザイン


2016年2月27日  カテゴリー:ブログ

紀州材フェアー

今日は泉南のイオンで行われている紀州材フェアーに木の家をつくる会で参加

してきました。和歌山県主催で紀州材の普及振興を目的にしている事業で

木の家をつくる会をはじめ紀州材で家づくりをしている事業者が4社参加

して今日(27日)と明日(28日)の2日間行われています。

会場では桧のチップや紀州材のグッズ等の無料プレゼントや紀州材の

積み木で遊べるコーナーなど子供さんが来ても遊べるスペースがあります。

今日は昼から多くの来客があり、新聞広告を見てわざわざ和歌山市内から

来ていただいた方など非常に熱心に紀州材での家づくりについてお話を聞いて

頂きました。明日の日曜日も開催していますので是非泉南のイオンにお越しください。12769567_1668206900106051_1377036438_n




著:瀧川 嘉彦瀧川建築デザイン事務所


2016年2月26日  カテゴリー:未分類

増築の悩み

最近、リフォ-ムや増築を考えられているお客様が多い

今日も相談で現場へ行ってきました

和歌山の場合、少し前の物件では検査済証が無い物件が非常に多い

本来、建物竣工時には完了検査が義務付けられているのですが、

検査を受けずにそのまま使用しています。

そのときはいいのですが、さて次回増築の際には確認申請が出せなかったり

構造判定など必要以上の業務が求められたりと中々大変です

建築の際には設計監理者が必ずいるはずです

きっちりとした現場監理と、中間・完了検査などの手続きも当たり前ながら

行っていくことが財産の保全や価値を保証することにつながっていきます

最近、増改築を考えておられるお客様が増えてきたように思います

いかに良い建物にしていくか・・・設計者の腕の見せ処ですね(^^ゞ

 

 




著:佐原 久登S・A設計室


2016年2月25日  カテゴリー:ブログ

私たちができること 2

住宅を建てるときハウスメーカーで建てる方が多いと思います。

大手だから安心だろう、ブランドだから、いろいろな理由で決めていると思いますが、住んでみると少なからず

不満が残っていることが多いようです。

こうしてほしいといっても、それはできませんとか、出来上がってみると窓の位置が隣の家と向かい合っていて

カーテンを閉めままだとか等々、いろいろな不満を聞くことがあります。

いろいろな角度で検討したり、まわりの状況を観察したり、十分時間をかけて納得していただけるように説明し

たりすればそのような不満は限りなく減ると思いますが、どうしてでしょうか。

一番の原因はハウスメーカーは設計施工だということではないでしょうか。

営業、設計、施工(外注も多いですが)等職種は違いますが、ハウスメーカーの社員で、会社から給料をも

らって仕事をします。

以前もブログの中で設計と施工の分離について書いていますが、どうしても会社の利益を優先してしまうの

ではないでしょうか。

「木の家をつくる会」は会社ではありません。

それぞれが独立して自分の仕事をして生計を立てていますが、いい家をつくりたいという思いで、一緒に

チームをつくってやっています。

それぞれの立場でお施主様にベストを尽くすチームです。

設計も施工もそれぞれお施主様と直接契約をし、お施主様からお金をもらい仕事をします。

当然誰のために仕事をするか明確です。

一番はお施主様に喜んでもらうこと。

そのためには、一つ一つのことを納得していただいて進めることが一番大切だと考えています。




著:山野 公嗣 スペースデザイン


2016年2月24日  カテゴリー:ブログ

マイナス金利後の住宅ローン

日銀がマイナス金利の政策をして しばらくがたちます

思っているほど株価の値段も上がる様子もなく 今後日本の景気が

どうなっていくのか 不透明で読むことはできませんが

特に金融関係の影響が大きいようで 株価も金融関係は軒並み

下がってしまっています。 預けている預金の金利も今までも少ししか

なかったですがもう一段預けている金利も下がっていく流れになっています

新聞にも各金融機関の金利が下がるニュースがよくのるようになりました

しかし 悪いことばかりではなく 住宅ローンだけをとってみると

一年くらい前までは もうこれ以上下がることはないだろう 良くて横ばいくらい

というのが 業界の見立てでした  私自身も上がることはあってもさがることは

ないだろうと思っていましたから。

これだけ下がると 見分ける力も 必要になってきます

昔と違って ネット銀行も出てきて 住宅ローンを扱っていますので

2500万 借りて 1パーセントの利息で35年 の場合 月々70571円

1.1パーセントになると 月々71742円で 0.1違うだけで

1171円の月々の差が出てしまいます。

1171円x12か月x35年=491,820円違ってきます

できるだけ金利の安いところで借りるように提案するようにしていますが

金利だけ見るのではなく 手数料や保証料も各金融機関によって違うので

注意が必要です 一般の方が 比べるのに便利なサイトがあるので

参考にアップしときます。 為になると思います。

WhatzMoney(ワッツマネー) 見てみてください。




著:前田 純(株)和秋建設


2016年2月22日  カテゴリー:新着情報

今週末 紀州材・家づくりフェアです

いよいよ今週末 イオンモールりんくう泉南2F イオンホールで

紀州材・家づくりフェアが開催されます

私たち 木の家をつくる会も参加します

紀州材での家づくりの相談に気軽に来ていただいて

聞いてもらえるようなフェアになっています

各社 完成物件のパネルも展示してあるので

建築士さんにも気軽にお話ができると思いますので

木の家の良さを色んな角度でお話ししてくれると

思います。

時間があれば イオンモールりんくう泉南2Fイオンホールで

お持ちしています。

最終原稿

 

 

 

 

今週号にのるリビング和歌山の広告です




著:前田 純(株)和秋建設


1 / 3123