ブログ一覧

2015年5月31日  カテゴリー:ブログ

貴志川の家Ⅱ・造作

 昨日、施主様と外部のポイントとなる鋼板の色と
軒天の色の打ち合わせをして
外廻りは、おおむね決定しました。

内部の大工工事も順調に進んでいて
天井や壁の下地材の施工です。

下地材は、、ハイクリンボードで
空気中のホルムアルデヒドを吸収・分解して
室内のホルムアルデヒド濃度を低減する
石膏ボードを使用しています。

造作材の杉板も現場に搬入されています。

MEMO0003




著:大谷建築設計事務所 大谷


2015年5月30日  カテゴリー:ブログ

桜森町の家 写真撮影

桜新町の家 引き渡して 施主様も一段落

写真撮影をおこないました。

いつも写真撮影をお願いしている 長岡さん

今回神戸まで行ってもらって 有難うございました

データーをまとめて アルバムを制作して

施主様にプレゼントする予定です

何年たっても 新築当時の 思い出をアルバムを

見るたび 思い出してもらえると思っています。

一部 写真アップします

まとまったら 完成の現場に写真アップする

予定です。

_W1T0009_MG_5335 _MG_5341




著:前田 純(株)和秋建設


2015年5月29日  カテゴリー:ブログ

相棒1

一年通じて 現場の場所もさまざまで、

遠方が重ねると 年間3万キロくらい走行することに

なります。 現在 橋本~貴志川~市内という

走行パターンです。 ここ一週間くらいで

夏のような暑さが続きますが 走行中も早いですが

エアコンもオンされた状態です

さて 機嫌よく 一緒に走ってくれる 相棒ですが

現行型の初代のプリウスになります

町を走ると これでもかというくらい お目にかかる車ですが

デザイン的にもまあ気に入って なんといってもレギュラー

ガソリンで燃費の良さには ガソリンを入れるたびに

すごい車だなと感心しています

現状エアコン オン状態で リッター20.7kmくらい走っています

故障がない限り あと5年は相棒として頑張ってもらおうと

思っています。

1432683055410




著:前田 純(株)和秋建設


2015年5月26日  カテゴリー:ブログ

断熱材

貴志川の家で 構造見学を先週の土日で、

開催させてもらいました。 完成見学会の時には

見ることができない 構造の仕組み 断熱材の入れ方

組数は限られていましたが 5組来てもらい

平均 現場滞在時間2時間くらいと

色んな 話を聞いてもらい また質問もしてもらい

非常に開催してよかったと思っています。

一般の人の感じていることは 正しい断熱の入れ方等

説明したらわかるが 言われないと わからないという答えが

一番多かったです。 ですが断熱hが仕事の質によって

性能のよし悪しが一番出やすい仕事だと思います。

一般に断熱材を施工するのは 大工さんになります

特別に 断熱材施工費という項目をつくり

施工費を支払うことはなく 大工さんの手間の中に含まれる場合が多いようです

私たちが 一緒に 仕事をする大工さんの棟梁は断熱の施工の仕方

なぜ そのようにしなければならないのか  質を保つ  性能が発揮される

家に住むお客さんのために  この循環がわかってくれていれば

正しい仕事をしてくれるし。 施工の監理をする私たちも 理解して

いつも話をして 断熱の施工の質を保つようモチベーションを

持ち続けていかないとと思っています。

どんな断熱材 内断熱 外断熱 やり方 種類はいろいろ

ありますが やはり一番大切なのは 正しい施工これに尽きると思います

1432002061765

 

 

 

 

 

柱と間柱   間柱と間柱のあいだ 寸法が違うので

390幅と435幅2種類の幅の断熱材を使い分けています

床下の取り合いは防湿層をLに曲げて 床板で抑えるように段取りします

1432001873495

 

 

 

 

 

胴縁施工するため 防湿層の重ねは 専用のテープで 止めています

ボード直貼りの場合テープ施工は省けます

防湿層をきっちり重ねるのがポイントです 柱は間柱のつらが見えて

いるのであれば 断熱材を押し込んで入れているだけなので

正しい施工とは言えません

1432001944399

 

 

 

 

 

 

 

また 断熱材を入れられない隙間 サッシの隙間

設備の貫通部など 手間はかかりますが

現場で発泡ウレタンを吹いて少しでも 内部結露を

起こるのを防ぐようにしています

1432428452094

 

 

 

 

 

また天井と壁の取り合い部 断熱の絡む所は

通気止めを 確実に施工します

また 天井の断熱材の幅475で ボードを貼る下地は

ボード外周4面下地が来るよう施工しています

そうすることにより 断熱の等級が4になり

住むひとが 少しでも快適になるようと願い

施工しています。

 

 




著:前田 純(株)和秋建設


2015年5月25日  カテゴリー:ブログ

貴志川の家Ⅱ・構造見学会

 5月23日(土)・24日(日)の両日
構造見学会に皆様ご参加頂き有難うございました。
会のこだわりで有る構造と断熱の状態を
実際見ながら又、触りながら説明させて頂けて
誠に嬉しかったです。
これから工事が進むにつれて隠れてしまう部分だけに
きっちり施工する事が大切だと考えています。

今回2日間現場をお貸し頂けた施主様にお礼申し上げます。

P1060560




著:大谷建築設計事務所 大谷


2015年5月23日  カテゴリー:ブログ

有功の家

昨日 有功の家の施主と一緒に

金融機関で 土地の売買をしてきました

売主様  仲介業者様 司法書士の先生

に来てもらい 無事に契約が終了しました

昔は 施主様が現金を抱えて 司法司書の先生の事務所

で集まって契約ということもありましたが。

現金の持ち運び等 リスクがあるので

金融機関の事務所を借りての場合が多くなりました

見積もりも もうあと少し 早く仕上げて

打ち合わせをして 7月~8月着工に持って

いきたいと思っています




著:前田 純(株)和秋建設


1 / 41234