ブログ一覧

2017年7月7日

水害 火災保険  お守り

九州地方で大きな水害の被害が出ています

その前は 島根県の方でも起きています。

TVに映し出される 光景は土砂に流され 川が氾濫して

家の中に川の水が入って 泥にまみれた家などです。

一日も早い復興をと願いますが。

たまたま 新築工事の引き渡しの時に 火災保険のはなしをしている時に

TVの光景が浮かんできました。

火災保険に付ける オプションで一番高くつくのは水害です

現在は火災保険は最長10年までしか入れませんが

(その前は35年でした) 入るか入らないかでは大きく値段が変わってきます

そのほかのオプションは水害に比べたら小さい金額です。

今まで 川があふれたことがないから との判断も正解なのかもしれませんが

TVのニュースでアナウンサーが伝える 50年に一度  100年に一度の大雨

のはなしを聞くと もし保険に入っていないと(水害の) 今回の九州の被害では

保険は全くおりません。 雨が原因の土砂崩れも同じことです。

家の中の家財も  火災保険の家財で水害を選んでないと出ません。

保険は何事も 起こった原因で決まります。  地震が起きた後 倒壊した隣の建物から

電機のショートが原因が火災になって 自分の家が燃えてしまった場合

地震が原因なので 火災保険では対応してくれません (地震保険に入っていないと)

津波の場合も同じです  また内部の家財も地震保険の家財に入っていないと

保険はおりません。家を建築させていただいてお客さんに

金額もありますが  (保険はお守り) 入れるものであれば 入ってくださいとお願いしていま

す。50年に一度 100年に一度今まで考えられない水害が各地で起きています。

今まで 大丈夫だからでは済まないようになってきています

災害を乗り越えるためにも 保険はお守りの話は 施主様には 引き渡しの前に

時間をかけて説明するようにしています。

 

 





著:前田 純(株)和秋建設


木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
構造・完成見学会は,建築主のご了解のもと、建て方中や完成後の住宅の見学会を随時行っております。

木の家をつくる会 構造・完成見学会・セミナー
現在進行中の家
1 和田の家   和歌山市  8月末完成予定

2 津秦の家   和歌山市  10月着工

3 その他    3件打合せ中

 

工事中の建物の構造見学会は随時開催しております。
ご希望の方は、ご連絡頂ければご案内させて頂きます。